浄土真宗

2014年(平成26年)

2014年(平成26年)  

a:3872 t:1 y:0

1月11日(土)
  今年初めての仏教講座開催。四十数名参加。


1月18日(土)仏教特別講演会  

 苦しみ悩む時、人は救いを求める。ひとつひとつの苦と向き合っているうちに生涯がつきてしまう。それが又、空しく耐え難い。人間の苦悩にではなく、苦悩の人間にかけられた仏の願いとは。(佐野 明弘)

     --時間:午後 3:00〜午後 5:00
     --場所:ま な ざ し 聞法道場(しげま小児科医院二階) 
     --講題:「本願に帰す」  ー 教道滅尽ときいたり ー
     --講師:佐野 明弘先生(石川県:光闡坊住職)
         『迷いに帰る』の著者

                 画像の説明
画像の説明



2月1日(土)
  今年初めての仏教読書会。今回から新しいテキストです。
    テキストは、『 迷いに帰る 』 佐野 明弘述  



3月1日(土)仏教特別講演会  

 仏教は人間の迷いを生死(しょうじ)という言葉で表わしてきました。生に執着して死を怖れたり、生きることに喜びを見出せなくて死ねば楽になるのではないかと思ったり、生と死を対立的に考えてしまう癖が人間にはあります。しかし、生と死は切り離すことはできません。どちらも命の事実です。
 最近、「終活」という言葉が出てきて、人生の終え方について考えようとする人も多くなってきました。ただ、死ぬ時の準備とか、死別する他者の送り方を取り上げられるだけでは、本当の終活と言えるでしょうか。大事なのは、誰とも代わることのできない自分の人生を心から満足して生ききることではないでしょうか。
 親鸞聖人を通して、生死について考えてみたいと思います。(一楽 真)

     --時間:午後 (3:00〜 5:00)
     --場所:ま な ざ し 聞法道場(しげま小児科医院二階) 
     --講題:生死いずべき道 ー 親鸞聖人に学ぶ ー
     --講師: 一楽 真先生(大谷大学教授)

                画像の説明
画像の説明

3月2日(日)「論註に学ぶ会」   
        前日に引き続き開催
     --時間:午前(10:00〜12:00)  午後(1:30〜3:00)
     --場所:ま な ざ し 聞法道場(しげま小児科医院二階) 
     --講師: 一楽 真先生(大谷大学教授)

画像の説明 画像の説明

「論註テキスト」           「論註に学ぶ会」



3月14日(金)午後

交流会&懇親会



 大谷大学、一楽ゼミの皆さん来院(9名)。

 まなざし仏教塾のメンバーが駆けつけ交流会を持ちました。

 楽しい時間をありがとう。                                                                   画像の説明
                          記念撮影


3月15日(土)午後
 難波別院の上場さん、吉川さん取材で来院。



5月18日(日) (宮崎県都城市:親鸞聖人のお誕生日を祝う講演会)
    開演時間:午後1時00分 〜 午後2時30分 
    場所:都城市牟田町2-16 摂護寺 本堂 
    講師:志慶眞 文雄
    講題:生死を超える道

画像の説明



6月7日(土) 仏教特別講演会
   講題:如来の名のりを聞く

 釈尊の説法を記録した数ある経典の中で、親鸞聖人は『仏説無量寿経』を「真実の教」と受けとられ、そこに示された本願念仏の道を「浄土真宗」と示されました。聞法とは、その経典に説かれた物語を通して、私のいのちのまことのすがたに目覚めるということです。
 『無量寿経』の根底を貫いて説かれているのは、苦悩にあえぐ私たちを真の安らぎに導きたいという如来の願いであり、その願いが「南無阿弥陀仏」という名のりの声となって私たちに届けられているという事実です。
 簡単にうなずける話ではないかもしれませんが、自分の作り上げたちっぽけな枠組みをしばらく傍らに置いて、如来の呼び覚ましに耳を傾けるひと時を持ちましょう。  (小山一行

  • 日時:2014年6月7日(土) 
  • 時間:午後(3:00〜5:00)
  • 講師:小山 一行先生(武蔵野大学大学院教授)
  • 場所:まなざし聞法道場(しげま小児科医院二階)

画像の説明
画像の説明



8月30日(土)仏教特別講演会  

 現代の日本で、「浄土」という言葉は、どんな響きをもっているでしょうか。死後の世界やどこかにある別世界のように考える人が多いかもしれません。また、もはや死語だと言う人もあるかもしれません。いずれにしても現実の人生と無関係なものとして見なされているように思います。
 親鸞聖人は、浄土が生きていく拠り所であることを「浄土真宗」という言葉で示されました。いつの時代でも、どのような状況の中でも、浄土が大事であることを掲げられたのです。現実と無関係どころか、この世と深く結びついているのです。浄土を通して、この世を生きることが本当に成り立つのだと教えられています。親鸞聖人が語る浄土について、ご一緒に尋ねたいと思います。(一楽 真)

     --時間:午後 (3:00〜 5:00)
     --場所:ま な ざ し 聞法道場(しげま小児科医院二階) 
     --講題:「浄土を願って、この世を生きる」
     --講師: 一楽 真先生(大谷大学教授)

画像の説明                

8月31日(日)「論註に学ぶ会」   
        前日に引き続き開催
     --時間:午前(10:00〜12:00)  午後(1:30〜3:00)
     --場所:ま な ざ し 聞法道場(しげま小児科医院二階) 
     --講師: 一楽 真先生(大谷大学教授)

画像の説明



9月6日 自照社出版より発売  

 『「穢土」の看取りと「浄土」の看取り』  

      (ビハーラ医療団 編) 税別:¥1,500
画像の説明
 

9月6日(土) 〜7日(日)   「ビハーラ医療団」第14回 研修会  
  《 大会テーマ 》仏教とビハーラ医療
   開催場所:沖縄県
   開催時間:9月6日(土) 13:00 受付  13:30  発表〜
        9月7日(日) 9:00〜 発表

「ビハーラ医療団」第14回研修会in 沖縄  

<仏教と医療を考える集い>のご案内

医療・福祉の領域において仏教の心が本当に必要とされる時代を迎えています。浄土真宗の聞法の大事さを感得されている医療関係者の情報交換と、学びの場として研修会継続しています。今回は、沖縄県那覇市で開催します。

                 世話人:田畑正久、内田桂太、田代俊孝
                 開催担当 志慶真文雄

   ビハーラ医療団連絡先 
      〒452-8543 名古屋市中村区稲葉地町7-1
        同朋大学田代研究室  田代俊孝
          Fax 0594-72-7947

   開催担当連絡先 
      〒904-2215 沖縄県うるま市みどり町3−18ー12   しげま小児科医院  
      志慶真文雄(しげまふみお)  
        電話 098−973−2300  Fax 098−973−1221
       
《開 催 要 項》

  • 期日   2014年9月6日(土)~7(日) 受付9月6日 午後1時
  • 会場   沖縄県市町村自治会館
       (〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 電話:098-862-8181 )
       ※ 自治会館へは、那覇空港からモノレールに乗って約10分。旭橋駅下車。
  • 対象   医療関係者もしくはこのテーマに関心のある者
  • 参加費  研修会 5000円     懇親会 5000円
           2日目の昼食は初日に申し込みを受け付けます。
  • 懇親会会場 沖縄県市町村自治会館
  • 申し込み 8月9日(土)までに同朋大学田代研究室へ  Fax 0594−72−7947でお申し込みください。折り返し、要項と振替用紙をお送りしますので研修会費・懇親会費を8月19日(火)までにご送金ください。(会場では会費を集めることができません。)
       ※定員80名で、締め切ります。
  • 宿泊
    ホテルパック(飛行機+ホテル)にするとかなり割安です。今回は、各自が早めにホテルパックで予約することを提案します。
    それ以外の方は、各自でホテルへ直接お申し込みください。

《 会場近辺のホテルリストです 》

1)《ホテル東急ビズフォート那覇》 自治会館に併設。一番便利です。
      〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116−37
 電話:098-869-0109

2)《リーガロイヤルクラウン沖縄》 研修会場から徒歩3分。値段少し高め。
      〒900-0029 沖縄県那覇市旭町1−9    電話:098-867-3331  
3)《ホテルルートイン那覇旭橋駅東》 研修会場から徒歩5分。
      〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1-19-12  電話: 098-860-8311

◆ビハーラ医療団とは

医療や福祉の場で仏教精神にもとづいて医療活動を行い、医療技術のみならず、患者と共に仏教の教えを学び人生の充足感得ていくビハーラ運動を推進する医療・宗教関係者のネットワーク組織です。

◆ ビハーラ医療団の綱領

ビハーラ医療団は会員それぞれの場で、仏教精神に基づいて医療活動を行い、一人ひとりの人間が、心豊に幸福な人生を全うしていく事に貢献するために次のことに努めます。

1) 私たちは「自信教人信」の立場で聞法します。
2) 私たちはあらゆる「いのち」を尊び、共生の社会の実現に努めます。
3) 私たちは病める患者と生老病死の苦悩を共有しビハーラ運動の普及に努めます。

      

 〔 研修会 〕 ◆ 大会テーマ 《聞法とビハーラ医療》  

9月6日(土)の日程

13:00  受付  
13:15  開講式 
13:30  発表1
    「ひとりぼっちのビハーラ‐一人の看護師・僧侶として-」
                   福岡・光生病院看護師・僧侶 前坂浩史氏 
14:20  発表2
    「見直されるべきお寺の力―死に向き合える場―」
                   北野病院薬剤師・僧侶 宮本直治氏

15:10  発表3
    「患者さんとの別れを通して気づかされたこと」
                   宮崎・医師・僧侶 栗田正弘氏

16:00  発表4
    「仏教が教える物語」
                   大分・佐藤第二病院医師・元龍谷大学特任教授                    田畑正久氏

18:00  懇親会 (沖縄県市町村自治会館)


9月7日(日) の日程

9:00  発表5
    「死の準備教育でおもうこと」
                   佐賀・病院ボランティア・僧侶 五十嵐雄道氏
 
9:50  発表6
    「生きる仏教〜台湾の病院における社会貢献活動としての仏教〜」
                   福岡・那珂川病院 緩和ケア科医師・僧侶 月江教                  昭氏

10:40 発表7
    「他力の仏法なくば、なにをもってか生死を出離せん」
                   沖縄・しげま小児科医院医師・まなざし仏教塾                   志慶真文雄氏

11:30 発表8
    「本願が示すビハーラの方向性」
                   新潟・かもしか病院医師・僧侶 内田桂太氏   

 昼食
 
一般公開講演会

13:30 発表9
    「苦しみに向き合っていくなかでの阿弥陀様との再会!?
      ‐みえてきた!?ビハーラ活動実践のヒント-」
                静岡・静岡県立がんセンター医師・僧侶 相河明規氏

14:20 発表10
    「ビハーラ往生のすすめ-日本型緩和医療-」
                三重・同朋大学大学院教授・僧侶 田代俊孝氏

15:10 閉会式

画像の説明

◆これまでの開催地
第1回1998年 三重・湯の山温泉(講師、池田勇諦師)/第2回1999年大分・東国東病院(講師、宮城 攣/第3回2000年東京・築地本願寺・稲田西念寺(講師、坂東性純師)
/第4回2001年名古屋・同朋大学(講師、養老孟司師、J・バン・ブラフト師、池田勇諦師)
/第5回2005年京都・大谷婦人会館(講師、梯 実圓師)/第6回2006年新潟・三条東別院(講師、宗 正元師)/第7回2007年福岡・専立寺(講師 小山一行師)/第8回2008年金沢・金沢東別院(講師、蓑輪秀邦師)/第9回2009年名古屋・同朋大学・名古屋東別院(講師、神戸和麿師)/第10回2010年広島・広島西別院(講師、信楽峻麿師)/第11回滋賀・長浜(会員発表)/第12回宮崎・安楽寺会館(会員発表)//第13回静岡・グランシップ 

}}


9月10日(水)   NHK Eテレ こころの時代収録  
   放送予定  11月2日(日) :Eテレ 午前(5:00~6:00)
   再放送予定 11月8日(土) :Eテレ 午後(1:00~2:00)


9月27日(土)  秋彼岸会
    講題:「願 い が 人 を ひ る が え す」
    場所:広島県呉市中央7-7-13 西教寺蔵本通支坊
       電話 0823-21-2798
    時間:午前(8:30〜10:30)
    講師:志慶眞 文雄
画像の説明画像の説明

9月28日(日)  法専寺ご本尊修復披露法要  
    講題:「生死を超える道」
    場所:広島県広島市佐伯区 法専寺
    時間:午後(2:00〜3:00)
    講師:志慶眞 文雄



11月2日(日) NHKテレビ Eテレ「こころの時代」放送

 10年前(2004年10月)に NHKラジオ深夜便「こころの時代」に出演しました。その放送がきっかけで、全国に親鸞の教えに出会った方々がおられることを知りました。嬉しい反響でした。

 今回、NHKテレビ Eテレ「こころの時代」への出演依頼があり、9月10日(水) に収録をすませました。仏教の開く世界をテーマに対談しました。どんな放送になるかわかりませんが、この放映でひとりでも多く、仏教の教えに出会える方が増えれば、望外の喜びです。
 もし時間の都合が付いてご覧いただけたら嬉しく思います。また、近くの有縁の方々にも教えていただけたらと思います。放送日が決まりましたので、ご案内申し上げます。(志慶眞文雄

      放送日  11月2日(日)  Eテレ  午前(5:00~6:00)
      再放送日 11月8日(土)  Eテレ  午後(1:00~2:00) 
   

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional