浄土真宗

第131〜140回 案内文

『なるほど!! 仏教連続講座』の案内文  

第131回 2018年2月10日  

講題:《 歎異抄に聞く(80) 》
仏教とは何か
  私が立つ大地と

  その大地に立つ私を

  明らかにする教えである

  これは人生の一大事である

  われわれは目があればものが見えると思う

  しかし目があっても光がなければものは見えない
  光とは智慧である

  智慧の光は

  無始以来の私の闇を一瞬にして照らしだし

  私が立つべき広い天地を恵む

  仏教とは
 私を照らす智慧の教えである


第132回 2018年3月10日  

講題:《 歎異抄に聞く(81) 》
《 浅原才市のうた 》 
  わたしや 臨終すんで 葬式すんで
  みやこ(浄土)にこころ住ませてもろうて
  なむあみだぶと浮世にをるよ。

  才市や何がおもしろい
  迷いの浮世がおもしろい

  法をよろこぶ種となる
  なむあみだぶの花ざかり。

  心も邪見 身も邪慳
  角をはやすが これが わたくし
  あさましや あさましや
  なむあみだぶつ なむあみだぶつ。

第133回 2018年4月14日  

講題:《 歎異抄に聞く(82) 》
 自分の死(「一人称の死」)を見るのは、裸眼で太陽を見る様なものだと言う喩えがありますが、それは、自分の死(「一人称の死」)を自我の煩悩の眼(まなこ)で見ようとるから不可能なのです。
 自分の死(「一人称の死」)を見るという、不可能としか思えないことが成立するのが信心です。信心とは、如来の眼で自分の死(「一人称の死」)が見れるということです。「阿弥陀のいのち」に目が見開かれるから、「生死する自我の命」を捨てることが可能です。「阿弥陀のいのち」を生きる人生が開かれるということです。
 親鸞聖人の「雑行を棄てて本願に帰す」とは、「生死する自我の命を棄てて阿弥陀のいのちに帰す」ということです。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional