浄土真宗

「いのち」は響きあい通じあう

「いのち」は響きあい通じあう  

 「いのち」は、目には見えないはたらきである。限定されない大きな広がりをもつはたらきそのものである。これがバラの花です、これが机ですというように、これが「いのち」ですと、限定した物として差し出すことはできない。それなのに「いのち」をものとして実体化し、私たちは「いのち」の有り様を見失っている。
 「いのち」は名詞形でなく、はたらきとしての動詞形でしか言い表わし得ない。「いのち」は響きあい通じあう

 優秀な生命科学者であった柳澤桂子さんというかたが居られる。彼女は、三十代前半に難病を患いそれから約三十年間、嘔吐、下痢、頭痛などに苦しめられ寝たきりの生活を強いられてきた。かろうじて中心静脈栄養の点滴で生命をとりとめていた。
 しかし、治るあてがないまま、あまりの苦しさに中心静脈栄養の点滴チューブをはずして欲しいと家族に訴えた。チューブをはずすことは死を意味する。
 長年、妻の苦悩を見てきたご主人は同意するが、同意した直後、隣の部屋で苦悶の声をもらす。長男は、十分に手を尽くしたとは思えないと反対する。長女の真理さんは激しく動揺し「点滴をはずさないで、そのままいて欲しい」と泣き崩れた。
 その家族の姿を見て、柳澤さんはチューブをはずすことをおもいとどまる。
 そして「いのちとは、その人個人のものであろうか? もしそうであるとすれば、自分で自分の死を決めていいものであろうか?」と自らに問いかえします。
 「………私は自分の経験から、それは違うと思う。ひとりのいのちは、多くの人びとの中に配分されて存在している。分配されたいのちは、分配されたひとのものなのである。
 ……いのちは自分だけのものではないということと、想像を絶する長さの歴史を持っているということが、いのちの尊いゆえんであると思う。」と述懐された。 
 「いのち」は、切り離すことのできないつながったはたらき、肉体を越えて響き合い、通じあうものである。
 しかし、私たちは、「いのち」は、肉体に区切られてひとりひとりが別々にもっているように思って生活している。「いのち」を肉体に閉じ込め、地位とか、名声とか、立場とかにとらわれて、「いのち」を通じ合わないものにしている。
 通じあわない孤独な「いのち」を生きる人間の絶対的な孤独を、『大無量寿経』という経典は、

   人、世間愛欲のなかにありて
   独り生れ 独り死し 
   独り去り 独り来る

と言い当てている。
 通じあわなくなった「いのち」のままでは人間は生き切れない。本来の姿に帰りたいと叫びをあげている。この人間の絶対的な孤独と有限性を超える根源的な欲求は、遂に人間の自我を超えた真実の自己、つながりあった大いなるいのちの世界を見出してきた。
 「大いなる一枚のいのち(無量寿)にナムして生きよ!」という呼びかけにうなずくとき、ひとは会うべきものに会えた安らぎと感動に満たされる。
 
 仏教は、人々の心の琴線に触れる瑞々しさと力強さをもった教え、くめども尽きないいのちの泉です。どうして、人々は生死を超える視点を恵む教えを聞かないで生きていけるんだろう?

 「いのち」も「こころ」も目に見えないけど、明らかにはたらきとして存在する。「いのち」も「こころ」も通じあわなければ枯れ果ててしまう。
 「大切なものは目に見えないんだよ」という『星の王子さま』のことばが思いだされる。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional